馬鹿にしている奴らを見返したかったから始めたダイエット!

私は中学生のときにいじめられていました。いじめにたいして何もできない自分が悔しかったのを覚えています。私は勉強が嫌いではなかったので学校に行くこと自体は嫌ではありませんでしたが、私のことを見て笑っている人がいるのが悔しくて

ダイエットを始めました。自分でいうのもおかしいですが私は別にぶさいくではありません。ただ、思春期というのもありご飯はしっかり食べていました。笑。それが原因で普通より少し大きいくらいの体格になっていたのでダイエットをしようと思ったその日から自分で自分をいじめることにしました。他人にいじめられていると、自分で自分をいじめるのなど楽勝で、根気強く続けることができました。といっても、食事制限、ウォーキング、甘い物は食べない、本当に食べたいときはチョコレート3つ、と勝手に自分で決めて全力で取り掛かっただけなのですが私を笑った人を見返したい気持ちが強かったので目標体重まで頑張り続けました。体重が減ると顔もシュッとするので目が大きく見えて顔も可愛くなった気がします。男の子から話かけられることもありました。勉強もできて容姿もよければもう誰も私を見て笑うことはありませんでした。今では私をデブだとバカにしてくれたことをありがたく感じています。笑

ダイエットをする以前から、そろそろ体重がやばいと自覚はしていたのですが(体重計には怖くて乗っていないけど体が重いと明らかに分かるようになった)、きっかけになったのは久しぶりに会った知り合いですね。きっと5年以上会ってなかったと思います。始めはなんてことない会話から始まったのですが、話題は体形のことに。その人と私はどちらも子育て中の身。でも彼女の全然変わらない体形に私が彼女のことを褒めると今度は私の話に。太った自覚はあったので「私、太ったかな?」と聞いたところ、「…うん、ちょっと。」とショッキングな返事が!ちなみに彼女は遠慮せずに思ったことは口にする子なので、別に悪い気はしなかったのですが、いざ直接言われるのは実はちょっとだけショックでした。でも、同じ子育てをしてる彼女から言われると私も奮起しましたね。私にとっての人生初のダイエットに取り組むきっかけをくれた彼女には感謝してます。あ、ちなみに体重は無事に目標まで減らすことができ、今のところリバウンドもありません!