ダイエット=痩身、ではない

日本だとダイエットといえば痩身と思われがちですが、本来は適正体重にするための食事療法をいいます。
痩せ過ぎたら太らなきゃならないんです。
適正にするんだから。
そんな負け惜しみはいいとして。
以前フィットネスクラブの体験に行った際、まずは体組成計で現在の状態を計ってからプログラムを決定する、というので乗ってみました。
見た目も体重も明らかに標準オーバーな私ですが、骨量と筋肉量が多かったんです。
これがどういうことかというと、痩身には向いてないわけですね。
もうその時点で標準より重いわけです。
そこでもういっそ体重は気にせず見た目だけでいけばいいんじゃないか、とある意味吹っ切れました。
仕方ないですよ体質なんだから。
将来寝たきりのリスクが低いんだと喜びますよ。
ちなみに、運動をせず食事制限だけで減量すると、体重を量ったら確かに痩せているのに見た目が変わらないなんて場合が起こりますが、筋肉量低下や骨粗しょう症ということもありえますので女性は特に注意が必要ですね。

ハッピーマジックで痩せた私の体験談。でもこの口コミはウソだった?